郵貯マル優が廃止 郵政民営化で郵便貯金はこう変わる〜ゆうちょ銀行

2007年09月12日

残念!郵貯マル優が廃止!

<スポンサード リンク>

 残念!郵政民営化ごは、郵貯マル優が廃止となります。

年金生活者の方々にとっては、残念なお話です。
今までは、銀行などの金融機関とは別枠で利用することができたマル優ですが、ゆうちょ銀行として他の金融機関と同じ土俵に上がってくるのですから、ゆうちょだけ特別扱いという訳にはいかないですよね。仕方ありません。
 もちろん、他の金融機関と共通の非課税枠(350万円)は、使うことができますよ!

◎通常郵便貯金と通常貯蓄貯金は、平成19年9月30日で、非課税扱いを終了し、民営化後に生じる利息から課税されます。

◎民営化前に預けた定期性郵便貯金は、民営化後も満期までは、非課税扱いが継続されます。

ということは、9月30日までに、郵便局でマル優で定期貯金を預けるというのも賢い方法かもしれません。

※どちらにしても、マル優に関しては、民営化後に特段の手続きは必要ありません。


<スポンサード リンク>

posted by ゆうちょん at 23:13 | 郵貯マル優が廃止

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。