当面は、預入限度額が1000万円 郵政民営化で郵便貯金はこう変わる〜ゆうちょ銀行

2007年09月12日

民営化当初は、1000万円が貯金の限度額

<スポンサード リンク>

 今までの郵便局と銀行などの他の金融機関の大きな違いは、貯金の上限が定められていたことです。銀行には、何千万円でも何億円でも預けることができますが、郵便局では1000万円が限度とされてきました。

 新たに銀行として仲間入りする「ゆうちょ銀行」も他の銀行と同じようになってくると思いますが、様々な状況から、民営化当初はお一人様1000万円が限度です。

 ちなみに郵便振替口座の預り金は、その1000万円から除きます。

 また、財産形成定期定額貯金などについては、1000万円と別枠で550万円まで預ける事ができます。 


<スポンサード リンク>

posted by ゆうちょん at 00:05 | 当面は、預入限度額が1000万円

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。