通帳・証書・キャッシュカードについて 郵政民営化で郵便貯金はこう変わる〜ゆうちょ銀行

2007年09月11日

現在の通帳、証書、キャッシュカードは使えるの?

<スポンサード リンク>

郵便貯金総合通帳
通常貯蓄貯金通帳


民営化後もそのまま継続使用が可能です。
通帳繰越時に新しい通帳と交換となります。

例外
総合通帳の担保定額・定期貯金でICキャッシュカードを持っていない方は、新たな預入ができないので、その際に新通帳に切り替えが必要になります。
(新通帳切り替え時に、健康保険証、運転免許証などの本人確認書類を窓口に提示する必要があります)


キャッシュカード

ICキャッシュカード、共用カードも含め、郵政民営化後も引き続き利用できます。


積立郵便貯金通帳
住宅積立郵便貯金通帳
教育積立郵便貯金通帳


郵便貯金・簡易生命保険管理機構の通帳として、民営化後も預金と払い出しができます。


定額・定期郵便貯金証書

郵便貯金・簡易生命保険管理機構の証書として、民営化後も払い戻しのみがができます。


財産形成定額郵便貯金証書(財形)

民営化後も預金と払い出しができます。
但し、ゆうちょ銀行の財産形成定額貯金への預入となります。

民営化後、最初に預入するときにゆうちょ銀行の貯金証書に切り替えするために証書を預ける必用があります。なお、 保管証をお渡ししている場合は、そのまま利用できます。


<スポンサード リンク>

posted by ゆうちょん at 22:29 | 通帳・証書・キャッシュカードについて

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。